サファテ 右股関節手術 復帰まで4カ月「申し訳ない」

[ 2018年4月29日 05:53 ]

ソフトバンクのサファテ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは28日、デニス・サファテ投手(37)が米コロラド州の病院で現地時間26日に右股関節の鏡視下関節唇修復術を受けたと発表した。復帰まで約4カ月の見込み。7日の登板後に股関節を痛め、20日に帰国していた。

 サファテは自身のツイッターにリハビリ用のバイクをこぐ動画を載せ「ケガをしてチームメートやファンに申し訳ない。さらに強くなって戻ってくる」などとつづった。

 昨季まで3年連続のセーブ王。3月に契約を延長し、来季から3年最大20億円程度の大型契約を結んだ。今季は6試合で1勝5セーブ。通算234セーブで名球会入りの条件となる250セーブまで残り16としていた。工藤監督は「一日も早く良くなることを願う。今季中に復帰できればベスト」と話していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年4月29日のニュース