栗山監督 崩れない藤浪を絶賛「あそこで併殺を取れる」

[ 2013年3月10日 06:00 ]

<神・日>試合前、阪神・西岡(右)と話す日本ハム・栗山監督

オープン戦 阪神2―3日本ハム

(3月9日 甲子園)
 藤浪から、3回に唯一の得点となる右前適時打を放った日本ハムの鶴岡は「打ち負けないようにと思ったらいいところを抜けてくれた。たまたまです」と謙遜した。

 その直後にも1死満塁と攻めながら、アブレイユが遊ゴロ併殺打。栗山監督は「あそこで併殺を取れるのが藤浪の素晴らしいところ」と相手右腕を称賛した。打撃の調子が下降気味だった智弁和歌山出身の3年目・西川、帝京出身の5年目・杉谷も、ともに藤浪から安打をマーク。かつて甲子園でプレーした若武者の必死な姿に、指揮官は「甲子園が、藤浪君が引っ張り出してくれたのかな」と目を細めた。

 ▼日本ハム・ウルフ(先発して5回3安打1失点)チェンジアップとカーブを多く試せたので良かった。久しぶりに鶴岡さんとバッテリーを組めていい経験になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月10日のニュース