ベネズエラ初の1次R敗退「打てなかったことが信じられない」

[ 2013年3月10日 16:53 ]

WBC1次ラウンドC組 ベネズエラ3―6プエルトリコ

(3月9日)
 優勝候補の一角に挙げられていたベネズエラは最終戦を待たずに敗退が決まった。強力打線が機能せず、昨季三冠王のM・カブレラは2試合でわずか1安打と不振だった。

 初の1次ラウンド敗退という屈辱に、ソホ監督は「これほど打てなかったことが今も信じられない」と悔しさをにじませた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月10日のニュース