マエケン序盤KOなら…勝負どころ判断、ベンチワーク重要に

[ 2013年3月10日 06:00 ]

WBC2次ラウンド1組 日本―オランダ

(3月10日 東京D)
 前田健が早い回でKOされた場合、救援陣のやりくりが大変となる。

 東尾投手総合コーチは「勝負にいくのか、それとも先のことも考えるのか、ベンチがしっかり判断しないといけない」と語った。10日のオランダ戦に敗れた場合は、11日にキューバとの対戦となる。連投した投手はキューバに勝っても12日の順位決定戦に投げられない。また、球数も30球を超えると、大会の球数規定で中1日を空ける必要がある。台湾戦のように接戦となった場合、山本監督の投手起用も難しくなりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月10日のニュース