40歳和田 地元・岐阜で意地の犠飛 零封負け免れた

[ 2013年3月10日 06:00 ]

オープン戦 中日1-7西武

(3月9日 岐阜)
 中日・和田の一振りでかろうじて零封負けは免れた。

 3―0の4回1死一、三塁、菊池のストレートを左犠飛。「外野へ飛ぶ打球を打とうと心がけていた。もうちょっと良い形で打てれば良かったけど」。岐阜県出身で高木監督の県岐阜商の後輩でもある40歳。「あとどれぐらい見せられるか分からないけど、元気な姿を見せられて良かった」と感慨深げだった。

 ▼中日・大島(2打数2安打1四球と全打席出塁)ずっと状態が良くなかったけど、つかめた部分がある。これを続けていきたい。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月10日のニュース