マエケン 5回1安打9K!米での準決勝「任せてください!」

[ 2013年3月10日 22:27 ]

オランダ戦に先発し、5回を1安打9奪三振と好投した前田

WBC2次R1組2回戦 日本16―4オランダ

(3月10日 東京D)
 勝てば米国行きの決まる大一番を任された前田(広島)は、5回を1安打9奪三振と完ぺきな投球を見せた。「きょう決めたいと思っていた」と直球、変化球ともに抜群の切れ味でつけ入るすきを与えなかった。

 序盤に大量リードをもらったことも大きく「野手のみなさんのおかげ」と余裕もあった。

 WBC開幕までは、ボールが走らず不安視されていたが、1次ラウンドの中国戦、この日とすっかり復調、合わせて10イニング連続無失点となった。「もう大丈夫です」とキッパリ。頼れる先発の柱に、山本監督はアメリカでの準決勝での登板を明言。これを受けて「僕に任せてください!」と大観衆を前に高らかに宣言した。

 WBC3連覇へ準決勝は最初の関門、その右腕に命運が託された。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月10日のニュース