ドミニカ、プエルトリコが2次Rへ V候補ベネズエラ2連敗で敗退

[ 2013年3月10日 12:03 ]

ベネズエラを下し、抱き合って喜ぶプエルトリコのF・カブレラ(左)とY・モリーナ

 WBC1次ラウンドC組の2試合が9日(日本時間10日)に行われ、ドミニカ共和国はスペインに6―3で、プエルトリコはベネズエラに6―3でそれぞれ勝利。ともに2連勝で2次ラウンド進出を決めた。

 昨季3冠王のM・カブレラ(タイガース)、ワールドシリーズMVPのサンドバル(ジャイアンツ)を擁したベネズエラはまさかの2連敗を喫し、最終戦を前に敗退が決定。この日は3回に2点を先行したが直後の4回に同点とされ、続く5回に勝ち越しを許し、8回にも3失点。優勝候補が、3度目出場で初めて1次ラウンドで姿を消した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月10日のニュース