杉内 “切り札”待機 ピンチの場面で投入へ

[ 2013年3月10日 06:00 ]

WBC2次ラウンド1組 日本―オランダ

(3月10日 東京D)
 杉内(巨人)は抑えを務めた8日の台湾戦同様、ブルペンで切り札として待機する。

 首脳陣は高い調整能力を買い、試合の中盤、終盤を問わずピンチの場面で投入する考え。初の抑えとなった台湾戦で1回を2安打無失点に抑えセーブを挙げた左腕は「体はやはり張っているし疲れ方も違う。でも球数的には投げられるし、いくだけです」。絶体絶命の危機にジョーカーとして立ちふさがる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月10日のニュース