「攻めの投球できた」藤岡 2年目の飛躍へ手応えの5回2失点

[ 2013年3月10日 17:58 ]

ソフトバンク戦に先発し、5回を2安打2失点のロッテ・藤岡

オープン戦 ロッテ11―3ソフトバンク

(3月10日 ヤフオクD)
 ロッテの藤岡は序盤、変化球が甘く入り、2回までに2失点。だが、3回以降は直球主体で押して立ち直った。追加点を許さず、5回2失点に「試合をつくれた。攻めの投球ができた」とほっとした表情だった。

 昨季は新人王を期待されながらも6勝7敗。2年目の今季、チェンジアップの習得などでレベルアップを目指す。「徐々に調子は上がってきている。開幕に向け、しっかり投げていきたい」と手応えをつかんだ様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月10日のニュース