中田 一発「狙いたい」 つなぎ意識しつつ「大胆にいきたい」

[ 2013年3月10日 06:00 ]

梨田コーチ(左)とロングティーで汗を流す中田

WBC2次ラウンド1組 日本―オランダ

(3月10日 東京D)
 動く侍ジャパンでただ一人、中田(日本ハム)には力勝負が期待された。台湾との死闘で決着をつける価値ある犠飛に、中国戦でも決勝打。勝負強さを見せつけているが、立浪コーチは「この球場(東京ドーム)だったらチャンスがあるよ」と言った。

 初出場のWBCは、ここまで11打数4安打で2打点。いい形でヒットが出ているが、中田は「周りが凄い選手ばかりですから。つなぐ意識の中で長打も、と思ってる。でも、つなぐ意識ばかりでスイングが小さくなっているので、大胆にいきたい」。練習では、ロングティーでタメをつくってしっかり振ることを確認。フリー打撃で特大の柵越えを連発した。

 「(日本には)ホームランを打てる選手はいっぱいいる。狙える場面では狙いたい」。オランダのパワーにパワーで対抗できる中田。動く侍に、力の侍が絡めば難敵も粉砕できるはずだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月10日のニュース