バレー女子日本代表、セルビアにストレート負け 初戦負傷交代の古賀はベンチ入りせず

[ 2021年7月27日 16:16 ]

東京五輪第5日 バレーボール女子   日本0―3セルビア ( 2021年7月27日    有明アリーナ )

<日本・セルビア>スパイクを決める荒木(AP)
Photo By AP

 女子1次リーグが行われ、日本はセルビアに0―3とストレート負けを喫し、開幕2連勝とはならなかった。

 第1セットを23―25、第2セットを16―25で落とした。第3セットは終盤に粘りを見せたが、反撃及ばず。ジュースの末、24―26で奪われた。この日は、25日のケニア戦で負傷退場していたアタッカーの古賀紗理那(25=NEC)がベンチ入りせず、11人で戦い、石井優希(30=久光)が代役を務めた。

 古賀は初戦となったケニア戦の第3セット、ブロックで跳んだ際の着地でで相手選手と接触し、転倒。自力で起き上がることができず、スタッフに抱えられて負傷退場となっていた。

 これで日本は1勝1敗。次戦は29日にブラジルと対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月27日のニュース