ソフト金に導いた宇津木監督「正直言うと、この1週間怖かった」 先発&抑えの上野に「感謝、神様です」

[ 2021年7月27日 22:49 ]

東京五輪第5日 ソフトボール決勝   日本2ー0米国 ( 2021年7月27日    横浜 )

<東京五輪・ソフトボール 日本・米国>宇津木監督(上)を胴上げする選手たち(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 日本が再び頂点に立った。2008年の北京五輪決勝の再現となった決勝の米国戦が横浜スタジアムで行われ、2─0で勝利して金メダルを獲得した。先発の上野由岐子投手(39)が先発して6回途中まで無失点に抑え、再び7回にリエントリーでマウンドに上がると、米国打線を無失点に封じた。マウンドの中央で日本ソフトボール界のレジェンドが再び伝説を作った。

 宇津木麗華監督(58)は「正直言うと、この1週間怖かった。このご時世でオリンピックが開催されるというのは迷いもあった」と心の内を明かした。それでも「国民の皆さんが支持してくれたこと、一番の力になった」と話した。

 上野、後藤、上野の継投。「今回も上野が必ずやってくれると思った。ただ(20歳の)後藤にも(決勝の舞台を)経験させたい」と説明。それも上野が先発で米国打線を封じたことで、シナリオ通りになった。「本当に上野に感謝、神様です」と声を震わせ、最後のマウンドを託した時の思いを「上野しかできないこと。そう思っていた」と話した。

 6回1死一、二塁のピンチでは、三塁手の山本優が弾いた打球を遊撃の渥美がダイレクトでキャッチ。飛び出した二塁走者をアウトにし、併殺を完成させるなど、大会を通じてノーエラーの守備力も光った。「守備が日本は世界でもナンバーワン。そこを忘れてはいけない」と胸を張り、さらに米国から2点を奪ったことに「長打力、力負けしないくらい良くなっている。これから日本はどんどん強くなる」と断言した。

 ソフトボール界にとって13年ぶりの五輪の舞台で再び頂点に立った。選手の手で3度、胴上げされた指揮官は「とにかくみなさんに感謝、感謝しかない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月27日のニュース