落ち着いている錦織「まだ大会は終わっていない 次に勝てば喜ぶけど」

[ 2011年11月6日 14:50 ]

男子シングルス準決勝で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを破り、ガッツポーズする錦織圭

 世界ランキング1位のジョコビッチに逆転勝ちした錦織は、興奮した様子も見せずに落ち着いて喜びを語った。

 ―今の気持ちは。

 「素晴らしい気分。もちろんうれしいけど、まだ大会は終わっていない。もし次(決勝に)勝てば喜ぶけど次に気持ちを集中させないといけない」

 ―勝因は。

 「最初は自分(の調子)が悪くてショットが入らなかった。第2セットの終わりからサーブも入りだし、ラリーが長くなったので少しずつリズムをつかめた。長いラリーを徐々にものにできようになり、相手のミスを誘うことができた」

 ―今の目標は。

 「今年はまず世界50位以内に入ることが目標だった。今は20位が目標。少しずつランキングを上げていたので、クリアできればもっと上にいきたい」

 ―決勝のフェデラー戦は。

 「昔からやりたいと思っていたけどなかなか対戦機会がなかった。どれだけ自分が通用するのか見てみたい。チャレンジしたい。優勝目指して頑張る」

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年11月6日のニュース