中国杯エキシビション 織田は優雅、羽生は軽快

[ 2011年11月6日 21:49 ]

エキシビションで演技する織田信成

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ、中国杯の上位選手によるエキシビションが6日、上海で行われ、男子で2位の織田信成(関大大学院)は「苦しみからの解放」をテーマに、しっとりとした曲調に合わせて優雅に演技した。左膝のけがを抱える織田は「少しずつ万全の状態に戻したい」と気持ちを新たにした。

 ショートプログラム(SP)2位ながら4位に終わった16歳の羽生結弦(宮城・東北高)は「悔しかったけれど反省点は分かっている」と気持ちを切り替えた様子で、アップテンポな曲に乗って軽快に滑った。女子6位と振るわなかった村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は出演しなかった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年11月6日のニュース