トヨタ自動車が3年連続決勝進出 アボット完封

[ 2011年11月6日 06:00 ]

日本女子ソフトボールリーグ

(11月5日)
 決勝トーナメントが5日、京都市のわかさスタジアム京都で開幕した。連覇を狙うトヨタ自動車はルネサスエレクトロニクス高崎を破り、3年連続の決勝進出を決めた。豊田自動織機はタイブレーカー10回までもつれた激闘の末、日立ソフトウェアを振り切った。この結果、決勝では豊田自動織機とルネサスエレクトロニクス高崎の勝者が、トヨタ自動車と対戦することになった。

 トヨタ自動車はアボットが完封すれば、ワトリーが決勝打。外国人コンビの活躍で3年連続決勝進出を決めた。8回右前決勝打のワトリーは「私が打って勝ったのではなく、チームで勝った」。アボットも被安打は7回の1本だけと全く隙がなかった。それでも「一球一球に集中して投げることができた。まだ優勝が決まったわけではないので決勝に向けてリセットしなければならない」と笑顔を見せることはなかった。

 <ルネサスエレクトロニクス高崎 上野連投覚悟>2年連続で決勝トーナメント初戦に敗れた。0―0の8回1死三塁から先発の上野がワトリーに右前打を許し決勝点を奪われた。「インサイドを狙って投げたのが甘く入ってしまった」と上野。覇権奪回には6日の第1試合で豊田自動織機に勝ち、決勝でトヨタ自動車に雪辱しなければならない。「連投は覚悟しています。昨年のように(決勝トーナメントで)1勝もできずに終わるようなことはしたくない」と上野は前を見据えた。

 ▽準決勝
トヨタ自動車(リーグ戦1位)
 000 000 01─1
 000 000 00─0
ルネサスエレクトロニクス高崎(リーグ戦2位)
 (タイブレーカー8回)
 (ト)アボット―渡辺
 (ル)上野―峰

 <豊田自動織機 接戦制す>栗田が10回を投げ抜き、接戦を制した。7回2死まで取りながら、味方の失策で追いつかれ、なお満塁のピンチで山田に対し3ボールとなる絶体絶命のピンチ。「もうどうにでもなれ、という心境でしたが、思い切って内角に投げたのが正解でした」と強気で相手を仕留め、サヨナラ負けを回避。チームも粘り強くタイブレーカーを制した。

 ▽4位決定戦
豊田自動織機(リーグ戦4位)
 000 030 011 1─6
 002 000 111 0─5
日立ソフトウェア(リーグ戦3位)
 (タイブレーカー10回)
 (豊)栗田―ウィリス
 (日)藤原、山中、藤原―真鍋

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年11月6日のニュース