4区 駒大 首位ガッチリ 早大3位に トップとは2分差

[ 2011年11月6日 10:42 ]

全日本大学駅伝

(名古屋市・熱田神宮西門前~三重県伊勢市・伊勢神宮内宮宇治橋 8区間、計106・8キロ)
 全日本大学駅伝の4区(14・0キロ)は、駒大が上野(3年)が首位を譲らず、トップで5区の久我(3年)にたすきをつないだ。

 2位の東洋大は駒大と1分42秒差で川上(4年)から田中(4年)リレー。3区で4位まで浮上した早大は三田(4年)が3位まで押し上げ、トップとの差は2分。東洋大とは18秒差に迫った。

 4位に中大、5位に日大、6位は東海大。上位6位までが来年のシード権を確保できるが、7位青山学院大と東海大の差は25秒。9位上武大も東海大と39秒差で追っている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年11月6日のニュース