内村も認める素材!中3白井 床で内村に次ぐ2位に

[ 2011年11月6日 19:44 ]

男子種目別決勝の床運動で優勝した内村航平(右)と2位の白井健三

全日本団体・種目別選手権最終日

(11月6日 千葉ポートアリーナ)
 白井健三(鶴見ジュニアク)は床運動でこの種目の世界王者、内村に次ぐ2位。男子の種目別で16年ぶりの中学生優勝は成らなかったが、神奈川・寺尾中の3年生は「自信を持ってやった。初出場で2位はとてもうれしい」と喜んだ。

 内村以外の大学生や社会人を上回る高難度の構成。最後に演技した内村に「(日体大時代に)たまに教えていた選手。俺もやってやろうと火を付けられた」と言わせるほどの可能性を示した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年11月6日のニュース