1区 日大がトップ通過 早大出遅れ12位

[ 2011年11月6日 08:53 ]

全日本大学駅伝

(名古屋市・熱田神宮西門前~三重・伊勢市・伊勢神宮内宮宇治橋 8区間、計106・8キロ)
 全日本大学駅伝は6日、出場27チームが出場し、名古屋市の熱田神宮西門前をスタート。1区(14・6キロ)では、中継地点目前でトップを走っていた福岡の第一工大のケニア出身、ジュグナ(4年)を後方にいたグループが残り約400メートルとらえ、来年の箱根駅伝に出場できなかった日大の田村がトップでたすきをリレーした。

 2位は東海大、3位に駒大が入り、優勝候補の東洋大は7位。8位の中大までがトップと10秒差以内という混戦となった。

 早大は1年の山本が遅れ、トップと1分以上離され12位のスタートとなった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年11月6日のニュース