飯島首位から9位後退も「ビッグスコアの予感はある」

[ 2011年11月6日 06:00 ]

スポニチ主催USLPGAツアー・ミズノクラシック第2日

(11月5日 三重県志摩市 近鉄賢島カンツリークラブ=6506ヤード、パー72)
 首位から出た飯島は3バーディー、2ボギーでスコアを1つ伸ばしただけに終わり、首位と6打差の9位に後退した。

 前日まで好調だったパットで苦戦。7番パー5で2メートルを外すなどチャンスを生かせなかった。それでも、ミズノと契約するホステスプロは「このコースは相性がいいし、ショットの調子も良いのでビッグスコアが出せそうな予感はある。まだまだ諦めない」と最終日の爆発を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年11月6日のニュース