日体大が女子総合V 内村妹・春日「凄くいい試合」

[ 2011年11月6日 06:00 ]

体操 全日本団体・種目別第2日

(11月5日 千葉ポートアリーナ)
 兄妹Vだ。女子団体総合は日体大が合計158・000点で優勝。内村の妹で学生女王の春日(はるひ)が段違い平行棒、平均台、床運動の3種目をミスなくまとめてチームに貢献した。

 平均台では24選手中2位の13・650点をマーク。「チームとして練習から一つにまとまって頑張るということができた。結果にもつながって、凄くいい試合でした」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年11月6日のニュース