東洋大・柏原アンカー起用「調子は上がってきている」

[ 2011年11月6日 06:00 ]

 第43回全日本大学駅伝は6日、愛知県名古屋市の熱田神宮をスタートし三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106・8キロで争われる。5日には名古屋市内で有力校の監督が会見。

 先月の出雲駅伝で初優勝を飾った東洋大は、その出雲で1区6位と沈んだエースの柏原竜二主将(4年)を最長区間19・7キロのアンカーに起用。酒井俊幸監督は「ブレーキではないし、調子は上がってきている。本人には出雲が終わった段階で(アンカー起用を)伝えてある」と変わらぬ信頼を口にし「1分を超えると前が見えなくなる」と、トップと1分以内ならアンカー勝負で2冠は射程圏との自信を見せた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年11月6日のニュース