「準備はできている」日系米国人のハリガエ初Vに照準

[ 2011年11月6日 06:00 ]

スポニチ主催USLPGAツアー・ミズノクラシック第2日

(11月5日 三重県志摩市 近鉄賢島カンツリークラブ=6506ヤード、パー72)
 日系米国人のハリガエが67の好スコアをマークし、首位と4打差ながら3位に浮上した。

 2ボギーもあったが、スタートの1番で2メートルにつけるなど7バーディーを量産。堂々の優勝争いを繰り広げる22歳は「スコアボードを見ずにはいられなかった」と言いながら「ナーバスになることはなかった」と振り返った。同組の上田にギャラリーが動かないようお願いする際の「プレーに入ります!」との日本語を教えてもらうなど気負うことなくプレー。初優勝のチャンスに「準備はできている」と力強く話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年11月6日のニュース