×

野村修也氏「逃げているようにしか見えない」遭難観光船の運航会社社長を批判

[ 2022年4月26日 15:01 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 弁護士の野村修也氏(60)が26日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演。北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」の遭難事故を巡り、運航会社を批判した。

 運航会社の社長は25日午前に1度、乗客家族に説明して以降、26日も説明会に参加していない。

 野村氏は説明責任を果たしていない社長について「今の時代で会社の責任者がこういう時に出てこないのは、私はあまり見たことがない」と糾弾。「謝罪はもちろんですけど、状況の説明、関係者の方々への対応などを決めて、きちんとご説明するのが普通」と指摘した。

 続けて「今、見てると、もしかすると自分がそこで発言することで自分の責任を追及されるんじゃないかと危惧して逃げているようにしか見えない」と痛烈批判。「こういう姿を関係の方が見た時にどう思うかにまったく発想がいかないのが、今のこの時代で会社経営すること自体そもそも許されない」と厳しい口調で論じた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年4月26日のニュース