×

福士蒼汰 “相棒”の宮野真守は「ずっと一緒にいてもいいな」

[ 2022年4月26日 05:00 ]

いのうえ歌舞伎「神州無頼街」東京公演開幕前取材会に出席する福士蒼汰(右)と宮野真守
Photo By スポニチ

 俳優の福士蒼汰(28)と声優の宮野真守(38)が25日、26日に東京・池袋の東京建物BrilliaHALLで開幕する劇団☆新感線42周年興行・春公演「いのうえ歌舞伎 神州無頼街」の東京公演開幕前取材会に出席した。

 2020年上演予定だったが、新型コロナウイルスにより中止となった本公演。2年越しに出演者が再集結し、満を持しての上演となる。宮野は「悔しいままで終わらせず、どうにか『神州無頼街』につなげていけるように、舞台の火を絶やさないように続けてきたのが絆につながった」と語った。

 2人はお互い助け合い、時に足を引っ張り合う“相棒”を演じる。宮野が「この人と芝居するのこんなに幸せなんだ」と目を細めれば、「この人とずっと一緒にいてもいいな」と福士。福士が「まもちゃん(宮野)に言わせたいセリフをボイスメッセージで頼んでいる」と明かすなど、プライベートでも仲の良さを見せた。

 福士は「大迫力のお祭り騒ぎ。楽しめるし深く生きざまを感じられる」とアピール。5月28日まで同所で上演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年4月26日のニュース