×

山口紗弥加 西表島で洞窟暮らしの“仙人”と交流 手作りハブ酒、サメ素揚げ堪能「最高においしい」

[ 2022年4月26日 14:55 ]

女優の山口紗弥加
Photo By スポニチ

 女優の山口紗弥加(42)が26日、フジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)に出演。沖縄・西表島旅行で出会った“仙人”と交流を深めたエピソードを披露した。

 「アテンドをお願いしていた船長さんが、私があまりにも『人が行かないような所に連れて行け』とうるさいから、『だったら野人に会うか?』って。私は仙人と呼んでいる方で。洞窟に何十年も住まれている方」を紹介された。その男性は自給自足。「食材はすべて海でいただくモノ。あと、オオタニワタリっていう植物を育てている」という。

 男性からはコーヒーのおもてなしが。これも海を漂流してきたという、瓶詰めされたコーヒー豆を拾って使用。「お水も雨水をろ過したものだったりとか。すごく美味しくて」と山口は堪能。手作りハブ酒も「お湯割りでいただいたんですけど、美味しくて」とこれまた絶品だった。

 さらに「サメを捕まえてさばいて、アンモニア臭がなくなるまで海水でもみ洗いして、素揚げにしたものがあるから食べるか?って言われて。食べたら最高においしい」と回想。山口は躊躇することなく「もう前のめりで」食べていたと明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年4月26日のニュース