×

尾上菊之助 吉右衛門さんが3月、倒れる2日前にかけてくれた言葉を思い出し涙止まらず…「尊敬する父」

[ 2021年12月2日 21:35 ]

<尾上菊之助囲み取材> 涙を流しながら中村吉右衛門さんへの思いを話す尾上菊之助(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門さん(享年77)が11月に死去していたことが明らかになってから一夜明けた2日、娘婿に当たる尾上菊之助(44)が東京・歌舞伎座で公演後に取材に応じ、涙ながらに「尊敬するとても優しい父でした」としのんだ。

 この日に親族葬を済ませたことを報告。自身の長男で吉右衛門さんがかわいがった孫の尾上丑之助(8)が描いた絵や、家族で書いた手紙などを棺に納めたと明かした。

 吉右衛門さんが亡くなった11月28日は丑之助の誕生日だった。ケーキで祝っている時に訃報が届いたといい「とてもじゃないがその場では子供に伝えられなかった。2日後に“これからは毎年、じいたんに感謝の気持ちを祈って誕生日を迎えよう”と約束しました」と語った。

 丑之助は「心にぽっかり穴があいたよう」にショックを受けている様子だという。「岳父(吉右衛門さん)は孫を本当にかわいがってくれました。丑之助の芝居も見たかったでしょうし、共演もしたかったでしょう」と思いをはせた。くまのプーさんが好きだった吉右衛門さんとは「休みになると家族でディズニーランドに行って、プーさんの(アトラクションの)ハニーハントに乗るのが楽しみでした」と振り返った。

 最後に吉右衛門さんに会ったのは亡くなる前日の11月27日。意識はなく「物思いにふけっているような感じ」に見えたという。吉右衛門さんが倒れたのは3月28日。その2日前、国立劇場三月歌舞伎で明智光秀役に初挑戦した自身のことを「よくやった」とねぎらってくれたという。「倒れる2日前だったから(体調が)つらかったはずなのに。私のことを…」と言うと涙があふれ、ハンカチで両目を覆った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月2日のニュース