中村吉右衛門さん 中学でクラブ通い、高校でフランス女性と交際

[ 2021年12月2日 05:30 ]

歌舞伎俳優・中村吉右衛門さん死去

趣味、家族、仕事…「インタビューは苦手」と言いながらも真剣に応えてくれた中村吉右衛門さん
Photo By スポニチ

 「芸の鬼」と評された中村吉右衛門さん。昨年3月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で歌舞伎公演が中止になると「これでますます芸が磨ける」と話すなど常に高みを目指し続けた。自身の性格を「不器用で、こらえ性がない。頑固で小心。後になってグチグチ言う」と分析していたが、周囲からは「穏やかで、人望がある」と慕われていた。おいっ子の松本幸四郎(48)、義理の息子の尾上菊之助(44)からは特に頼りにされ、たびたび稽古をお願いされた。

 若いころは二代目のプレッシャーに耐えられず大酒を飲んで体を壊すこともあった。身長1メートル78の吉右衛門さんは中学生時代から背が高く、“クラブ遊び”でホステスとダンスなどをしていたと明かしている。通っていた暁星高校にフランス語の授業があったため、フランス人女性と交際したこともあった。お互いに真剣で、役者を辞め、渡仏することも考えたという。

 無類の車好きでもあった。スポニチ本紙の取材に「今だから話せますが、14、15の頃、無免許で運転したこともあったんですよ」と明かしたこともある。

 ヤンチャもした青年時代。17歳で、実父、兄とともに松竹からライバル会社の東宝に電撃移籍。ミュージカル、商業演劇への出演が続いたが、もっと歌舞伎をやりたいとの思いが頭をもたげ、単身、東宝を離れ松竹に復帰。有力な後見人がいない中で、同年代の役者と競い合い、芸域を広げていった。

 愛読書はサンテグジュペリの「星の王子さま」。孤独な登場人物に、自身の半生を重ね合わせていたのかもしれない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月2日のニュース