×

「鎌倉殿の13人」語りは長澤まさみ!番組P「その手があったか」“臨場感”絶賛「その場でセッション」

[ 2021年12月2日 19:30 ]

来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で語りを務めることが決まった長澤まさみ
Photo By スポニチ

 女優の長澤まさみ(34)が来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(1月9日スタート、日曜後8・00)で語りを担当することが2日、番組公式サイトで発表された。大河のナレーションを務めるのは初で、ヒロイン・きり役を好演した2016年「真田丸」以来6年ぶりの大河参加。「真田丸」のミューズが今度は語りとして「鎌倉殿の13人」を彩る。長澤は「いつか大河ドラマのナレーションもできたらいいなと憧れていました」と喜んでいる。

 オンライン取材に応じた制作統括の清水拓哉チーフプロデューサー(CP)は、脚本・三谷幸喜氏(60)らとのキャスティング会議において長澤の名前が挙がった際、大河の語りにはNHKのアナウンサーや重鎮の俳優や女優のイメージがあっただけに「その手があったか、と。新鮮さは非常にありました。ナレーションによる演出効果は重要。今回は客観的な情報を淡々と述べるというよりは、登場人物に寄り添って側で語るようなものにできたら、おもしろいんじゃないかと。長澤さんは何より登場人物に近い存在。ナレーションなんですが、その場にいて一緒にセッションを繰り広げるような効果があると思いました」と起用理由を説明。

 既に何話か収録を終え「まさに、その場にいる人が語ってくれているかのような、生々しさがハッキリ表れていると思います」と絶賛した。

 長澤も「三谷幸喜さんからは『登場人物たちに寄り添い、隣の部屋からささやいているような距離感で』とイメージをお聞きしているので、その立ち位置を大事にしていきます」と意気込んでいる。

 ヒットメーカーの三谷氏が脚本を手掛け、俳優の小栗旬(38)が主演を務める大河ドラマ61作目。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に繰り広げられるパワーゲームを描く。三谷氏は04年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本、小栗は大河初主演に挑む。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月2日のニュース