山寺宏一と結婚の岡田ロビン翔子 「山寺ロビン翔子です」と生報告「自分でもびっくり」馴れ初めも

[ 2021年6月15日 18:14 ]

岡田ロビン翔子(2013年撮影)
Photo By スポニチ

 声優でタレントの山寺宏一(59)と9日に結婚した、アイドルグループ「チャオ ベッラ チンクエッティ」の元リーダーでタレントの岡田ロビン翔子(28)が15日、岡田が火曜レギュラーを務めるbayfm「The BAY☆LINE」(月~金曜後4・00)に生出演。「山寺ロビン翔子です」と名乗り、結婚を生報告した。

 岡田は番組冒頭、「岡田ロビン翔子です」とあいさつすると、共演者から「自己紹介やり直しです」と促され、「“山寺”ロビン翔子です。ありがとうございます。本当に」と照れながらも自己紹介。「知らない方もいると思いますので、あらためて。私、岡田ロビン翔子は、先週6月9日水曜日に声優の山寺宏一と結婚させていただきました。ありがとうございます!」とあらためて結婚を報告した。

 岡田は昨年3月まで同番組で山寺と共演。馴れ初めを問われ、「いつから?ってめちゃめちゃ聞かれる」としつつ「去年の3月に山寺さんが卒業された後に、ちょっとお仕事のことだったり、ご相談という形で、お仕事のことだったり電話とかメールをさせていただいたんですけど、そこからちょこちょこお仕事の話をするようになって、ちょうどコロナになって、『リモートの飲みでもしますか』って徐々に徐々に普通の会話も楽しいなみたいな感じになった」と説明。「今までは大先輩ですし、ちょっと言葉を選ばずに言うと、面倒くさせぇ人だなと思ってた。繊細で人間らしい方だなと、5年間やっていて人となりはわかりますし、卒業された後にほんと急に結婚することになって、自分でもまさか結婚するなんて自分でもびっくりしています」と続けた。

 プロポーズの言葉については「実は2回してもらったんですけど」と岡田。「1回目は『結婚したいな』っていう感じで、2人でいる時に言われたんですけど、私はその時は聞こえないふりをして、返事はしなかったんですね。その後、徐々に気持ちも固まっている時に、素敵なお花を渡してくれて、いろいろと長セリフでいっぱい言ってくれて、秘めておきたい気持ちもあるのですが、一番印象に残っているのは『1日でも元気に長生きするから、一緒に幸せになろうね。結婚してください』と言っていただきました。本当にお恥ずかしい」と打ち明けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月15日のニュース