V6三宅健 来春「陰陽師」で主演「期待に胸を膨らませて楽しみに」

[ 2021年6月15日 04:00 ]

舞台「陰陽師」に主演するV6の三宅健
Photo By 提供写真

 V6の三宅健(41)が舞台「陰陽師」で主演を務める。来年2月から3月に東京・新橋演舞場、その後京都・南座で上演。今年11月1日に控えるグループ解散後、初めての舞台出演となる。

 映画や歌舞伎などで幾度も演じられてきた夢枕獏さんの人気小説が原作。三宅は平安時代の陰陽師・安倍晴明を演じる。

 今作はこれまでの作品では描かれてこなかった晴明の人間味の部分が、親友との交流の中で描かれる。ダンスや殺陣も取り入れられる予定だという。

 同所で座長を務めるのは初めてで、今後ソロ活動をしていく上での試金石ともなる大事な作品。「今までにない陰陽師になることを、期待に胸を膨らませて楽しみにしています」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月15日のニュース