飯豊まりえ、来春朝ドラ「ちむどんどん」出演 15年「まれ」以来の朝ドラ「ご縁に感謝」

[ 2021年6月15日 16:48 ]

飯豊まりえ
Photo By スポニチ

 女優の飯豊まりえ(23)が来年前期のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」にレギュラー出演することが15日、同局から発表された。

 朝ドラ出演は15年の「まれ」以来。新聞記者役で、黒島結菜(24)演じるヒロインの幼なじみ(宮沢氷魚)の同僚で恋人という役どころ。恋人を通じてヒロインと知り合い、友人となるが、ヒロインと恋人の仲の良さが徐々に気になっていく。

 「できるだけ力を入れすぎずに自然体で楽しみながら撮影に入れたらいいなと思います。いつも通りしっかり準備して向き合っていきたいと思っております」と抱負。朝ドラは10代の時に出演して以来で「あの頃にしかできなかった経験や、見ることができた景色が今の私に繋がっています。ご縁に感謝し、真摯(しんし)に役と向き合っていきたい」と成長した姿を見せようと気合が入っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月15日のニュース