コロナ陽性のナジャ・グランディーバ 検査で肺に異常なしと出演番組が報告

[ 2021年6月15日 16:43 ]

タレントのナジャ・グランディーバ
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し、療養中のタレントのナジャ・グランディーバ(47)について、月曜レギュラーとして出演しているMBSテレビ「よんチャンTV」(月~金曜後3・40)で、視聴者に向けた新たな情報が伝えられた。

 番組冒頭で、同局の山中真アナウンサー(44)が「引き続き発熱と倦怠感はあるものの、病院で診察も受けて、肺に異常はありませんでした。引き続き、療養を進めています」と報告。ナジャ・グランディーバは8日に発熱し、深夜にPCR検査を受けたところ、9日に陽性と確認。10日に所属事務所が公式サイトで発表していた。

 また、同様に新型コロナウイルスに感染した同局の河田直也アナウンサー(47)についても、山中アナは「微熱はあるものの、体調は安定している。引き続き、しっかり療養して早く復帰できるように努める」と報告した。番組で共演していたナジャ・グランディーバについては、管轄保健所で濃厚接触者がいないと判断しており、番組では以前に「河田アナの感染経路は不明」としていた。

 さらに同局の大吉洋平アナウンサー(35)、野嶋紗己子アナウンサー(25)についてはPCR検査の結果、陰性が確認されたものの、大事を取って、15日までは休養であることも伝えられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月15日のニュース