×

イチローさん 守備指導では「僕がなぜ半身で捕球するか」球児の送球の悩みも明快な順序だてで説明

[ 2021年12月3日 17:00 ]

千葉明徳高の選手の指導に訪れ、キャッチボールするイチローさん
Photo By 代表撮影

 マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(48)が3日、千葉明徳で選手指導を行った。2日から訪問しており、指導2日目となった。

 部員は1年生19人、2年生25人、夏の大会後に引退した3年生19人の計63人が参加した。選手は白の練習着で背中に名前が入っており、イチロー氏も「〇〇選手」と名前を呼びながら、時に選手をリラックスさせるように笑顔ものぞいた。

 3年連続で夏の千葉大会ベスト8の壁を越えたいとの理事長の熱意を受け、実現した指導。ノックでは外野手の交じって捕球しながら、選手に問いかけた。「僕がこうやって(半身で)捕っているの、映像などで見たことがある?あえて、半身で捕っていた」とし「なぜかというと、(捕球直前に)ボールが動く(こともある)。その時に動ける体勢を作れるように。(正面でも)油断しないように、(球が)動いてもいいように」と語った。

 選手から「送球がすっぽ抜ける。どうしたらいいか」の問いには、「急ぐよりも、まず、自分の形。外野手の送球はここ(手元)がずれたら、全部、外れる。時間をかけていいから、捕ってから、形をつくる。今はそれでいい。ただ、急いで投げるだけじゃないから、外野手は。正確性が大事だから」と説いた。シートノックでは、選手の動きをじっくりとチェックした。

 打撃ではティー打撃の後にフリー打撃を実演。選手は打撃ケージの周りでその様子を見守った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月3日のニュース