阪神・山本「1年間通して貢献できなかった」 悔しさ露わもキャリア初のサヨナラ安打などで100万円増

[ 2021年12月3日 15:00 ]

契約更改を終え、会見する阪神・山本(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神の山本泰寛内野手(28)が3日、西宮市内で契約更改交渉に臨み、100万円アップの年俸1900万円でサインした(金額は推定)。

 巨人から移籍1年目の今季は4月3日の中日戦でキャリア初のサヨナラ安打をマークする快発進。しかし、その後は昇降格を繰り返し1軍に定着することはできず「1年間を通して貢献できなかった悔しさと、リーグ優勝、日本一になれなかった悔しさはすごいあるので、その悔しさを胸にまた来年やっていきたい」と口にした。年明けは例年通り巨人時代のチームメートである重信と自主トレを行い来季へスタートを切る予定だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月3日のニュース