×

JFE東日本、九死に1勝!!サヨナラ危機で林が救った連続K斬り「野球人生で一番うれしかった」

[ 2021年12月3日 05:30 ]

第92回都市対抗野球1回戦   JFE東日本7―4日本製鉄東海REX ( 2021年12月2日    東京D )

<日本製鉄 東海REX・JFE東日本>力投するJFE東日本・林(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 1回戦3試合が行われた。2年ぶりの優勝を狙うJFE東日本(千葉市)は日本製鉄東海REX(東海市)を延長10回、タイブレークの末に7―4で下し2回戦進出。9回のピンチから登板した林桂大投手(25)が好救援で勝利に貢献した。

 サヨナラ負けへの崖っ縁。同点の9回1死満塁でバトンを受けた。不安と緊張を抱えてマウンドに上がった林は落合成紀監督から「悔いのないように自分の投球を」とボールを託された。指揮官の言葉と柔和な笑みで肩の力が抜け、迷いも消えた。

 「1点も取られてはいけない場面で、やることは単純でした」
 右腕が導き出した答えは「K」。鋭く腕を振って投じた148キロの直球で、まずは稲葉を空振り三振に仕留めた。続く宇都口には自己最速タイの150キロを叩き出すなど追い込み、最後はスライダーで空振り三振。今大会初の延長タイブレークに持ち込んだ。

 窮地を救う好投に打撃陣も応えた。4番・平山快主将は10回1死満塁から始まるタイブレークで決勝の2点二塁打。勢いに乗った打線は一挙4点を奪った。打のヒーローは「林は頼もしかった。流れを変えてくれてチームが“いける”となった」と振り返った。

 林は続投した10回に中犠飛で1点を許すもリードを守った。19年に日本一に輝くも昨年は初戦敗退したチームは2年ぶりの勝利。落合監督は「今年一番のベストピッチじゃないですかね」と称えた。

 林は趣味の漫画でもプロ野球のスカウトの仕事に迫る「ドラフトキング」を読み込むほど研究熱心。漫画を参考に活躍の鍵となる「特徴のある投手」を目指し「押せる直球」を追求してきたが、今大会の予選では自慢の直球が影を潜め、3試合、計9イニングを投げ防御率6・00。試行錯誤を続けたまま臨んだ今大会だったが、絶体絶命のピンチで開き直り、直球の球威も復活した。

 林は「東京ドームという舞台が(力を)出させてくれた。本当に野球人生で一番うれしかった」と実感を込める。剛腕復活。何より2年ぶりの頂点を狙うチームにとって朗報だ。(柳内 遼平)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月3日のニュース