DeNAドラ1腕・入江大生「術後の経過は順調。来季はケガなく」現状維持1600万円でサイン

[ 2021年12月3日 16:21 ]

DeNAの入江
Photo By スポニチ

 DeNAの入江大生投手が3日、横浜市内で契約を更改し、年俸1600万円(金額は推定)から現状維持でサインした。

 「2000のギャグを持つ男」は、新人で開幕ローテーション入りも果たし順調に今季を滑りだした。とはいえ先発で4連敗し、プロ初勝利はお預けで2軍落ち。その後8月に右肘のクリーニング手術を行った。

 「最高の形でプロの世界に入って、そこからなかなかうまくいかなかった。いいこと、悪いことが経験できた1年。自分の中では成長できた1年だった。術後の経過は順調で、リハビリを続けて今月末には完治する予定。来季はケガなくチームに貢献することを念頭において取り組んでいきたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月3日のニュース