西武・森友哉が「兄貴分」岡田の残留に笑顔 5000万円増の2億1000万円でサイン

[ 2021年12月3日 15:22 ]

推定5000万アップでサインした西武の森友哉
Photo By 代表撮影

 西武の森友哉捕手(26)が3日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、5000万円増の2億1000万円でサイン。

 会見では「兄貴分」の岡田が、FA権を行使して残留したことについて振られ「よそのチームには行かせないぞって。シーズン中から“行かんといて”“絶対行くな”って話していた」と残留に一役買っていたことを明かした。

 その上で「残ってくれてありがたいなと思います。ライバルでもあるんですけど、相談相手というか、すごい自分も頼りにしてる存在の1人。ライオンズには欠かせない選手だと思っていたので嬉しい」と笑顔を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月3日のニュース