中日・柳 5年目でGG賞初受賞!横浜高の恩師「小倉コーチに鍛えてもらった。一番に報告したい」

[ 2021年12月3日 05:30 ]

中日・柳
Photo By スポニチ

 中日・柳は5年目でゴールデン・グラブ賞を初受賞し、「栄誉ある賞で憧れの気持ちはありましたし、獲れてうれしい」と喜んだ。最優秀防御率(2・20)と最多奪三振(168)に続いて“3冠目”に輝き、改めて今季の飛躍が認められた。

 自ら挙げたベストプレーは10月12日のヤクルト戦でのスクイズ外しだ。2―2の7回1死一、三塁で捕手の木下拓が内角に構えていた中、三塁走者の動きを察知して外角高めへ。「投げる以外でもしっかりいいプレーができた」と胸を張った。

 守備の原点は横浜高時代。「小倉(清一郎)コーチに鍛えてもらった。それが僕の今の基本でもある。厳しく教えてくれた。今年のプレーに関しても、高校時代に指導してもらったことが出せたと思う。一番に報告したい」と恩師に感謝した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月3日のニュース