×

ヤクルト、オスナと新たに3年契約 サンタナも残留へ交渉順調、スアレスは韓国・サムスンと合意報道

[ 2021年12月3日 05:30 ]

ヤクルト・オスナ
Photo By スポニチ

 ヤクルトは2日、ホセ・オスナ内野手(28)と来季から3年契約を結んだことを発表した。

 年俸は1億5800万円。今季加入し、120試合で打率・258、13本塁打、60打点。CS、日本シリーズでも活躍し、日本一に貢献した。同じく1年目だったドミンゴ・サンタナ外野手(29)との契約も、残留に向けて交渉は順調に進んでいる。

 一方でアルバート・スアレス投手(32)とは、来季の契約を結ばないことを決定。韓国メディアは韓国プロ野球・サムスンと合意したと報じた。スコット・マクガフ投手(32)は来季が2年契約の2年目となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月3日のニュース