×

中畑清氏 慕われ日本一 ヤクルト・高津監督に見た新たな指揮官像

[ 2021年11月30日 05:30 ]

中畑清氏
Photo By スポニチ

 【キヨシスタイル!】どっちが勝っても後味がいい。こんな日本シリーズは珍しいよね。親戚みたいに似通った高津家と中嶋家の戦い。守備力で上回った分だけ高津家に軍配が上がった気がするけど、うれしかったのは胴上げ直前のシーンだ。

 ヤクルトの選手がマウンドに集まってさ。村上は号泣。山田も青木も石川も泣いている。高津監督に近づいていって胴上げの音頭を取ったのはスアレスだった。シーズン途中、先発から中継ぎに配置転換された助っ人右腕だ。

 先発へのこだわりがあったらふてくされても不思議じゃないのに日本一を決めた第6戦も2番手で2回1/3を無失点。イニングまたぎの仕事をちゃんとこなした。そして胴上げの音頭取り。これが高津監督の人間力だな。しっかりコミュニケーションを取り、適材適所の環境を与えた。だから信頼関係が生まれる。強い絆を感じたよ。

 マクガフもそうだ。第1戦で逆転サヨナラ負けを喫し、第5戦は決勝弾を打たれた。シリーズ2敗した守護神。使いづらいはずなのに、日本一を決める試合の10回途中から2回1/3、マウンドを託した。死に駒をつくらない高津監督ならではの采配だった。

 メンバーは去年とそんなに変わってないのに、最下位から日本一。心配だった投手陣が見事に試合をつくった。打者が一番苦しむ内角への投球。試合を重ねるごとに制球が良くなっていった。投手が開き直ってサイン通りに投げられたら、そんなに点は取られない。6試合で先発6人。選手個々の能力を最大限引き出せば優勝できるチームがつくれるんだということを教えてくれた気がする。

 「絶対大丈夫」というキャッチフレーズも最高だね。私の「絶好調」は自己暗示を掛けながら外にアピールしたんだけど、「絶対…」はつらいとき、みんなで力を合わせて頑張れば必ず乗り越えられるって意味だよね。コロナ禍の時代背景にマッチしたフレーズ。みんな勇気づけられたんじゃないかな。

 高津監督同様、選手に慕われている中嶋監督が示してくれた新しい時代の監督像。来年は日本ハムのビッグボスに中日・立浪、ソフトバンク・藤本新監督が加わる。今からワクワクするね。(本紙評論家・中畑 清)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月30日のニュース