新庄ビッグボス流アメとムチ 主砲として期待する野村の受け答えにダメ出しも「スターになれる素質十分」

[ 2021年11月30日 21:30 ]

<日本ハムファンフェスティバル>颯爽と登場しポーズを決める新庄監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは30日、札幌ドームで初のナイター開催となるファンフェスティバル「ファイターズナイト2021」を開催。「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)が、イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」が1974年から1990年にかけて製造したスーパーカー「カウンタック」の白い84年製造「LP500S(5000S)」に乗って就任後初めてファンの前に登場した。

 しかし、このド派手登場だけで終わらないのがビッグボスだ。球場からはけると、その直後に北海道・UHB放送の番組「UHBもBIGBOSSと共に色々頑張りまっせ~SP」に生出演。番組には選手たちが続々と登場しビッグボスと掛け合いを繰り広げた。

 まずは野村が登場。番組司会から来年はどんな年にと聞かれて「そうですね~」と始めた野村にビッグボスが「それいらない!自分の思ったことを素直に話せば良いだけ、いいことしゃべろうとか思っちゃダメだよ」といきなりダメ出し。それでも考え込みながら野村は「すいません、えーっと。今年とは全く体つきも変わって違う人がプレーしているんじゃないかと思われるぐらいのプレーをしたい」と答えると「本当に期待しているからね。本当に。スターになれる素質十分あるから。分かった?」「はい」、「よし!」と息が合ったやりとりを見せた。野村に対して最後に「きつい言葉になりますけど、ケガして痛いかゆい言っている選手はいらない。ユニホーム脱いでもらいます。努力を努力と思わない人間になってもらいたい」と新庄流のアメとムチで新チームの主砲としての期待を示した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月30日のニュース