新庄ビッグボス「来年からヒーローは僕じゃありません。可愛い選手たちとみんなです!」あいさつ全文

[ 2021年11月30日 20:20 ]

<日本ハムファンフェスティバル>ランボルギーニカウンタックに乗って颯爽と登場する新庄監督(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは30日、札幌ドームで初のナイター開催となるファンフェスティバル「ファイターズナイト2021」を開催。「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)が、イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」が1974年から1990年にかけて製造したスーパーカー「カウンタック」に乗って就任後初めてファンの前に登場した。

 ファイターズガールのダンスが終わると札幌D内に警告音が鳴り響いた。大型ビジョンには「SHINJO is back」の文字が浮かび上がる。するとレフト側の車路が開き、スモークの向こうからエンジンの爆音とともに白いスーパーカーが現れた。車内には笑顔のビッグボス。両サイドのドアをフルオープンにして、そのままカウンタックを走らせ、球場中央のスペース横に停車。マスコットにアテンドされマイクスタンドに到着。球場の熱気を一呼吸して感じた後、ビッグボスはファンに問いかけ、宣言した。

 「15年ぶりに北海道に帰ってきました!暴れてもいいですか?感動させても、いいですか?泣き笑いさせてもいいですか?来年から僕が舵を取り、可愛い選手たちと長い船旅に出かけます。その可愛い選手たちと一緒に、船に皆さん、乗ってくれるのであれば、目いっぱいの拍手をお願いします!北海道の皆さん、日本中の皆さん、可愛い選手と一緒に船に乗ってくれますか!乗ってくれますか!来年からヒーローは僕じゃありません。可愛い選手たちとみんなです。世界一のチームになれるように、目いっぱい楽しみます!今日はありがとう!」

 ヒーローは自分じゃない。可愛い選手たちとファンだと熱く語ったビッグボス。その期待に選手たちが応えた時、ビッグボスが目指す「世界一のチーム」に近づく。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月30日のニュース