新庄ビッグボス「補強のポイントは2軍選手。よそからどんどん引っ張ってくるチームは僕は嫌」

[ 2021年11月30日 21:02 ]

<日本ハムファンフェスティバル>颯爽と登場し挨拶する新庄監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは30日、札幌ドームで初のナイター開催となるファンフェスティバル「ファイターズナイト2021」を開催。「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)が、イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」が1974年から1990年にかけて製造したスーパーカー「カウンタック」の84年製造「LP500S(5000S)」に乗って就任後初めてファンの前に登場した。

 両サイドをフルオープンにした白いカウンタックで札幌ドーム内に爆音を響かせ登場した新庄ビッグボス。そしてファンに向けて「来年から僕が舵を取り、可愛い選手たちと長い船旅に出かけます。北海道の皆さん、日本中の皆さん、可愛い選手と一緒に船に乗ってくれますか!乗ってくれますか!来年からヒーローは僕じゃありません。可愛い選手たちとみんなです。世界一のチームになれるように、目いっぱい楽しみます!」とあいさつ。札幌ドームが拍手の嵐に包まれた。

 しかし、このド派手登場だけで終わらないのがビッグボスだ。球場からはけると、その直後に北海道のUHB放送の番組「UHBもBIGBOSSと共に色々頑張りまっせ~SP」に生出演。その中でも「このチーム状況はまだボロい船だと思うんですけど、日本中のみんなに乗ってもらってでっかい船にしたい」と改めて抱負を語った。

 続いて可愛い選手たちについては「沖縄のキャンプ行ったけど、今日見たら全員変わっていた。ワンランク上の人間になっていた。メンタル的に盛り上げる才能は僕はあると思う。沖縄に行って話して良かった」と早くも化学反応が起きたことに手応えを感じている様子。今後のチームづくりに対しては「僕の補強のポイントは2軍選手。よそからどんどん引っ張ってくるチームは僕は嫌。1軍の選手はまだいないですから。全員並んでいる。いつも言っているけど7人ぐらいのタレントをつくれれば」と来季のチーム像を描いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月30日のニュース