パイレーツ筒香が残留理由語る「今季最後にピッツバーグでプレーした意味は大きなこと」

[ 2021年12月1日 00:23 ]

パイレーツに残留が決まりオンライン会見に臨んだ筒香

 パイレーツと1年400万ドル(約4億5200万円)で再契約を結んだ筒香嘉智内野手(30)が30日、オンライン会見で意気込みを語った。

 複数球団からオファーがある中での決め手を「今季最後にピッツバーグでプレーした意味は大きなことだった。ピッツバーグへの思いは強いです」ときっぱり。今季はレイズ、5月に移籍したドジャースで戦力外を経験した後、8月から加わったパイレーツでは43試合で8本塁打、25打点と持ち前の長打力を発揮。「自信というより自分の中で少し見えているものがあるので、来季の中でより見えるようになれば」と話した。

 守備では一塁と外野を守ったが、来季は主に一塁を任される予定。「何も変わることはない。もちろん外野も変わらず今まで通り準備していく」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月30日のニュース