×

日本ハム“ファンフェス” ノンテンダーFAの西川、大田、秋吉の姿なし

[ 2021年11月30日 22:06 ]

日本ハムの(左から)西川遥輝選手、秋吉亮選手、大田泰示選手
Photo By スポニチ

 日本ハムは30日、札幌ドームで初のナイター開催となるファンフェスティバル「ファイターズナイト2021」を開催。「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)が、イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」が1974年から1990年にかけて製造したスーパーカー「カウンタック」に乗って登場した。

 ビッグボスの華麗な演出に沸き、現役選手が上沢チームと近藤チームに分かれて「フェラーリ1年間乗り放題券」が贈られるこの日の“MVP”「キング・オブ・ナイト・プレーヤー」を目指して綱引きやダンスなどさまざまなゲームに挑戦しハッスルした選手たち。この中に16日に球団から来季の契約を提示されない「ノンテンダーFA」となった西川、大田、秋吉の3人の姿はなかった。

 新庄監督はファンの前であいさつした後、報道陣の囲み取材に登場。西川、大田、秋吉が自由契約となったことを聞かれると「良かったんじゃないですか、あれで。好きな球団に自由に行けるって。その辺に関しては僕はタッチしていない」とコメントした。

 この日の冒頭では背番57をつけていた杉浦が22、91をつけていた高浜が31となることが発表されるなど、着々と来季に向けて歩みを進めている「新庄日本ハム」。球団を支えてきた3人の今後にも注目が集まる。

 ▽ノンテンダーFA ノンテンダー(Non―Tender)のテンダーは提出、申請の意。メジャーでは、40人枠で出場登録が合計6年未満の選手に対して来季契約の意思表示をする期限が毎年12月に設定されており、ここで保有権を放棄された選手はFAとなる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月30日のニュース