阪神・西勇が現状維持で更改 来季が4年契約最終年 約1時間半のロング交渉「来季に向け内容の濃い話」

[ 2021年11月30日 14:00 ]

契約更改を終え、会見する西勇(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神の西勇輝投手(31)が30日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2億円(金額は推定)でサインした。来季は4年契約の最終年となる右腕は、約1時間半にわたっての交渉を終え、来季にかける思いを語った。

 「(球団とは)いろんな話をしましたし、来季に向けて内容の濃い話でした。(言える範囲での内容は)ないですね。(阪神加入)1年目、2年目とうまくいっていたんですけど、今年に限っては納得いかない部分が多かったので、それを改善して。しっかり自分の持てるものを出していければいいなと思います」

 今季は24試合の登板で6勝9敗、防御率3・76。9月10日広島戦でNPB通算100勝を達成した一方で、春季キャンプ中にぜんそく、シーズン中は寝違えやぎっくり腰など故障に悩まされ、悔いの残る成績となった。

 古巣のオリックスがリーグ優勝を果たし「本当に日本一になりかけましたけど、自分がいたときから若い選手にすごく勢いがありましたし、結果が出て素晴らしいことだと思います。来季はお互い頑張っていければ」と刺激を受けた。巻き返しを期す来季に向け、「今年は全く自分の中でできなかったシーズンなので、来季はしっかり結果を出して頑張りたい」と力を込めていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月30日のニュース