ムードメーカー西武・岡田の残留にチームメートは…冗談交えて反応明かす

[ 2021年11月30日 12:03 ]

生涯ライオンズ宣言し、マスコットのレオ人形とキスする西武岡田(撮影・花里 雄太)
Photo By スポニチ

 今年6月に国内FA権の取得条件を満たした西武の岡田雅利捕手(32)が30日、所沢市内の球団事務所でFA権を行使しての残留を正式に発表。3年契約を結んだ。

 岡田といえば、大阪桐蔭の6学年後輩にあたる森の「兄貴分」。森からはずっと「どうするんですか、どうするんですか」と去就に関して、探りを入れられていたと明かし「残るって言ったら“当たり前やろ”みたいな。“残るでしょ”みたいな感じだった。僕を必要としているんやな、というのが伝わってきました」と笑わせた。

 先輩の栗山に残留を報告した際には「(打率)1割でFAなんかできないよね」と言われたと苦笑。「その通り(今季は打率・119)でグサっときたので、来年見返して“残ってくれてありがとう”と言ってもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。

 4日の「LIONS THANKS FESTA 2021」では大のレオ党で知られるお笑いコンビ・中川家の礼二とのトークショーも予定されており「中川家じゃなくて、岡田家で大爆笑を狙いたい」と息巻いた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月30日のニュース