阪神・小林「来年はそこに立っていたい」古巣オリの日本シリーズ出場に刺激…500万増でサイン

[ 2021年11月30日 17:04 ]

契約更改を終え、会見する小林慶祐(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神の小林慶祐投手(29)が30日、西宮市内で契約更改し500万円アップの年俸1800万円でサインした。(金額は推定)

 移籍2年目の今季は開幕1軍入りし、9試合連続無失点と好スタート。しかし、6月5日のソフトバンク戦で打球を処理した際に左足首を負傷し戦線離脱し、再昇格は9月30日と22試合登板に終わった。「キャンプから自分のやりたいことができてて、順調に良かったんですけど、やっぱりケガがもったいなかったし、悔しかったという1年」。

 古巣のオリックスが日本シリーズに出場したことには「一緒にやっていた選手なので単純にすごいという感じで見てましたし、阪神は出られていないので悔しさも。来年はそこに立っていたい」と頂点を決める舞台での躍動を思い描いていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月30日のニュース