ソフトバンク・ドラ2正木が仮契約「将来的には3冠王」

[ 2021年11月30日 14:25 ]

ソフトバンクから2巡目指名を受けていた慶大・正木(右)は仮契約を終え山本省吾アマスカウトから帽子をかぶせてもらう(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクがドラフト2位で指名した慶大・正木智也外野手(22)が30日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。(金額は推定)

 「改めてプロの世界に入る自覚と活躍しないといけない責任を感じました」

 高校通算50発、六大学リーグ戦10発を誇る右の大砲候補。狙うタイトルについては「打撃に期待されていると思う。チームに貢献して将来的には3冠王を狙って、球界を代表するようなバッターになれればと思います」と意気込んだ。

 藤本監督は柳田、栗原を外野手のレギュラーとして明言。残るポジションはひとつ。慶大の先輩・柳町、上林。同じ右打者の真砂、佐藤直らが候補に挙がるが、「いい選手がいっぱいいる。いいところは吸収して、負けない気持ちでやっていきたい」と闘志を燃やした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月30日のニュース