「8回の男」が8回に…阪神・岩崎が1点リードを守れず、自身10試合ぶりの失点

[ 2021年5月5日 16:46 ]

セ・リーグ   ヤクルト-阪神 ( 2021年5月5日    神宮 )

<ヤ・神7>8回に追いつかれた阪神・岩崎(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 2―1の8回のマウンドに上がった阪神のセットアッパー岩崎は先頭の山崎に左前打、山田に中前打を浴び、無死一、二塁とすると、村上を二ゴロ併殺。2死三塁とあと1死のところまでこぎつけたものの、青木に二塁へ適時内野安打を打たれ、同点とされた。

 岩崎は4月11日DeNA戦以来、10試合ぶりの失点となった。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月5日のニュース